昔お金に困ることがあった時の経験から・・・小さな事もコツコツと。

お金には色々と困る事が多いですが、中でも辛いのが、思ってもいなかった出費です。子供が高校に入学した時はまとまったお金がいる事は分かっていましたが、予想以上に必要だったので、その後は身を切るような節約をしなければなりませんでした。
毎年の固定資産税、車の保険、通信教育費の年払い、そして2年に1回の車検代などは一括で払えるように常に貯めていたので、高校入学に必要なお金はそこから出したのですが、入学してからも高校に収めるお金が想像以上に多くて、ついには年払いで必要なお金に回せる余裕が無くなってしまいました。
もちろん友人に飲み会やランチに誘われても行けるはずがありません。それまでも、髪の毛は美容院に行かず、自分で切ってますし、子供の髪の毛も私が切ってます。夫も自分で切ってくれればいいのですがしたくないようなので、4000円×12カ月=48000円を節約できる機会を失っています。
夫に節約する気が全くないなら、私が何とかするしかありません。夫に強制的に節約させるためにも、食事はかなりの節約をしています。節約=手抜きになりがちですが、お金がないので仕方ないのです。
まずメニューは一回作って、作り置き出来るようなものを作るようにします。カレーは代表格です。肉があまり入って無くても十分美味しいので、玉ねぎが安い時に大量に買っておいて、切って冷凍しておいた物を使います。作ろうと思った日に安く売ってたらそれを使います。ニンジンやジャガイモはもったいないので入れません。それでも美味しいです。ニンジンはキンピラにすれば惣菜として何日も出せるので、そっちに使った方が節約になります。じゃがいももポテトサラダやグラタンにした方が違う料理になるので、カレーに入れるのはもったいないと思います。
カレー以外では、涼しくなれば鍋が抜群に節約料理となります。白菜は高いので、主役の野菜はもやしです。一日目は豚汁風に食べて、二日目は普通に鍋、三日目はおじやという風にします。ギョーザは餡をたくさん作っておけば、肉団子もついでに作れるので、時短ですし次の日はレンジでチンすれば済みます。料理しつつも光熱費の事も頭から離れません。
光熱費と言えば、お風呂は家族がばらばらの時間に入るという事にどうしてもなってしまうので、主婦の私は、明りを付けなくていい太陽が出てる内にパパっとシャワーで済ませています。光熱費の節約だけではなかなか目に見えてお金が増えませんが、ちりも積もれば山となるので大事だと思います。
そして、何回かおこなって助かってるのが、使わなくなった貴金属や読まなくなった漫画や古着を売りに行って買い取ってもらう事です。使わないのなら置いててもゴミと同じなのに買い取ってくれるなんて嬉しいです。

昔にお金に困ることがあり、その時には借金をしてお金を作ったことがあるんです。もう何年も前ですが・・・(参考・・・お金に困る

借金をするとその時は乗り越えられても、結局は毎月返済をして行かないといけない、その返済ができるのであれば返済分の貯金ができるはずなので、返済が終わっても同じ額を貯金に回すことにしました。

節約節約の日々ですが、なんとか楽しくやっていますよ!(^^)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>